スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・土鍋。

Category : 未分類
梅雨入りから、めっきり天気がいい今日この頃。

そして、これから本格的に夏に向かいます。

ところが、6月7月は、秋冬物の展示会まっ盛り。

デイリーライフ信楽も秋冬の商品をつくっています。

20130607

以前から、とても使いやすいと人気のチャビィ土鍋。

今までは黒釉と飴釉の2色、サイズも30cmと27cmの2サイズでしたが、

今回は、白釉と、黒飴釉の2色を追加、

サイズも22cmサイズを加えました。

シンプルで飽きのこないカタチと色。

ザ・土鍋、土鍋の定番目指し頑張ります。



今日も見てくれてありがとうございます!




チャビィ(信楽焼き土鍋)と50度洗いのワークショップ

Category : 未分類
福岡・箱崎のベジキッチンさんで

「チャビィ(信楽焼き土鍋)と50度洗いのワークショップ」

を企画していただきました。

50℃洗いのワークショップを何度もされているのを拝見していて、

一度参加したい、と思っていました。

そんなおもいが叶いました!

以下は、ベジキッチンさんのイベント紹介です。




生産する人たちと食べる人たちのつながり。とても大切なことですが、

その間には、料理をおいしくしてくれる調理道具にもこだわりの作り手が。

食卓とキッチンを近づけてくれる優れもの、チャビィという愛称の信楽焼きの土鍋、

作り手のデイリーライフ信楽の田中さんが今回福岡に2回目、きてくださいます。

ベジキッチンでは、魚焼きグリルやフライパンのかわりに、このチャビィをつかっています。

遠赤外線効果でハンバーグもふっくら、干物などもふっくらおいしく焼きあがる。

これとチャビィをつかっての50度洗いや50度漬けもご紹介いたします。

チャビラーという言葉もできたくらい、ファンも多いチャビィの魅力を存分に、

いろいろ料理をしながら、田中さんといっしょに語るワークショップです。

信楽の魅力などお話をいろいろ伺う予定です。

信楽 teiban

チャビィをつくっておられるのは、デイリーライフ信楽の田中さんのところです。

http://www.shigaraki.ne.jp/wp/?page_id=19

チャビィについては

http://hakovege.exblog.jp/11588337

1回目のチャビィの会

http://hakovege.exblog.jp/13185585/

http://hakovege.exblog.jp/13775419/

http://hakovege.exblog.jp/13236594/

チャビィでマトリョーシカごっこ

http://hakovege.exblog.jp/13430008/

などなどご参考に。


みなさん、お酒をのみながら、ゆるりとチャビィでつくった料理を楽しむ会です、

エプロン、ハンドタオル、筆記用具おわすれなく。

会費3150円(ワンドリンク付)

ワイン、日本酒など用意いたします。

ぜひ公共機関で。

ご予約は、電話092-632-0831





今日も見てくれてありがとうございます。



「ものづくりについて考える」という講演会

Category : 未分類
今年の秋に第2回目の信楽まちなか芸術祭がおこなわれます。

その中で、ものづくりをするものたちの発表の場が「信楽から伝えたいコト展」。

昨日は山田節子さんに信楽に来ていただいて、

「ものづくりについてかんがえる」という講演会を開催しました。

20130528

冒頭、山田さんはこう言われました。

  十数年ぶりに信楽に来て、ほっとしたことがある。

  信楽にはまだ日本の原風景が残っている。

  日本の原風景が残っている限り、再生していく土台はある、と。

日々、信楽という町に暮らしていると、見えなくなっってしまっていることがたくさんある、

1時間足らずのお話でしたが、そういうことを気づかせてくれる

大切なキーワードがたくさんありました。


  産地に来るたび 過去の仕事の中に「今」この器が欲しい。

  この器があれば お客様がどれだけ満足することかと思うことがあります。


  しかしながら、現実は 手馴れてはいるが 物足りなさを感じる

  習慣的で力の抜けた仕事が増えるばかりと感じます。


かなり厳しいご意見ですが、的を得た言葉でありドキッとしました。

山田節子さんとの出会いは、1999年、チャビィをつくったときに、

山田さんがグッドデザイン賞に推薦していただいたことが始まりです。

翌2000年にはクオというシリーズも推薦いただき、2年連続でグッドデザイン賞をいただきました。

あれから14年がたち、ものの価値観もずいぶんと変わってきました。


「自分の身の丈にあった気持の良い生活」をしたいという価値観。



また、ものづくりが楽しくなってきました。





今日も見てくれてありがとうございます。





今年も田植え終了!!

Category : 未分類
大変ご無沙汰しております。

今年も無事、田植えが終わりました。

1年に1回しかできない作業です。

みんな総出でやりました。

20130520

田植え機から写真を撮って、facebookに上げているところの写真です。

すっかり日焼けして、腕がひりひりしております。

あとは水管理と肥料やりです。

大きくなっていく様子をまた報告します!


今日も見てくれてありがとうございます!



かまど名人2合炊き。

Category : 未分類
かまど名人の2合炊きを新たにつくりました。

お客様から、ひとりかふたり用のものはないの?

という要望がたくさんあって、このたびラインアップに加えることになりました。


かまど名人2合炊飯2.jpg

かまど名人2合炊飯1.jpg


かまど名人比較4.jpg

3合炊きと比べたら、あまり変わってないように見えますが、

蓋をとって中を見たら、かなり小さくなっています。

かまど名人比較3.jpg


かまど名人比較2.jpg

炊飯試験もうまくいって、もうすぐ発売開始です。


今日も見てくれてありがとうございます。






レクサスデザインアワードのお仕事。

Category : 未分類
2月の終わりごろ、滋賀県立陶芸の森の杉山さんから連絡が。

「ちょっとおもしろい仕事があるんだけど、話聞いてくれない」という内容。

陶芸の森で何やら紙のような作品を囲んでミーティングしてました。

話を聞くと、和紙を石膏型の代わりにして成形する陶器だということ。

この作品が、レクサスデザインアワードの第一回入賞作品だということ。

そして、4月初めのミラノサローネで、作品を発表するということ。

3月20日頃までに作品を仕上げなければならないということ。

おやおや、とても急ぎの話ではないか。

しかも、今までは小さいものを作っていたが、今回は大きい作品をつくりたいという意思。

こんな具合で仕事をお手伝いすることに。

作家さんは五十嵐瞳さん。多摩美の4年生で今年卒業。

多摩美の後輩を引き連れて、信楽での制作活動が始まりました。

なんだかんだと問題もありましたが、300点を超える作品をつくりました。

その中から30数点をセレクトしてミラノへ。

ギリギリ間に合った、というか、間に合わせた感じです。



なかなかできない体験をさせていただきました。

五十嵐さんの今後に注目です。



今日も見てくれてありがとうございます。



北半食堂から。

Category : 未分類
昨日は、北半食堂を開催しました。

はじめて参加いただいたみなさんと楽しいひとときを過ごさせていただきました。

20130318

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

ほんま、笑わせていただきました。

24日(日)にも開催します。

今度も楽しい北半食堂になりますように。


今日も見てくれてありがとうございました。



TEIBAN Japan Classico展「信楽」、終了しました。

Category : 未分類
TEIBAN Japan Classico展「信楽」が2月10日で終わりました。

第3回目になりますが、私が参加するのは2回目。

1回目は所用で1日で信楽に帰ることになり、実際は今回が初めてです。

20130212
(写真はTEIBAN展公式サイトからお借りしました)

たくさんの方に来ていただきありがとうございました。

11回目を数える奈良展さんとの実力の違いを感じながら、

もっとブラッシュアップしていかなければ、と痛切に感じた4日間でした。


今日も見てくれてありがとうございました!





第3回TEIBAN Japan classico 展「信楽」搬入すみました。

Category : 未分類
今日、新宿パークタワービルであすから開催するTEIBAN Japan classico展「信楽」の搬入を終えました。

僕は、「農と、陶と。半農半陶のくらし」がテーマです。

かまど名人と、うちでつくっているコシヒカリをもっていきます。

かまど名人の販売と、写真のガラスジャーにお米を入れて

信楽産コシヒカリの量り売り(400ccと600cc)をします。

20130206.jpg

今朝、信楽から車できましたが、雪のおかげで、車はスイスイ。

心配しましたが、無事に到着・搬入してきました。

明日から、4日間、会場におりますのでお近くの方はお越しください。



今日も見てくれてありがとうございます。



TEIBAN Japan Classico展「信楽」窯元紹介の動画。

Category : 未分類
TEIBAN Japan classico展「信楽」の窯元紹介動画が出来上がりました。

広い工場で、寂しく仕事をしております。



2月7日~10日まで、新宿のOZONEにおりますので、お近くの方はぜひお越しください。

TEIBAN展概要


TEIBAN Japan classico 展「信楽」は、”信楽の情熱”を直に感じて頂ける展覧会です。

焼き物やお茶の作り手が、会場でお客様と直接お話させていただきます。単に、製品やパッケージに洗練されたデザインを施すだけでなく、これまでに信楽が培ってきた技術/経験、各企業の仕事に対する想いを感じて頂ける「場」にしたいと考えています。

個性がひしめき合う、日本でも有数のモノづくりのまち・信楽を感じて頂けるように、皆で頑張りますのでご期待下さい。

開催日程
2013年2月7日(木)〜10日(日)
時間11:00〜19:00(10日のみ17:00まで)

場所:リビングデザインセンターOZONE(新宿パークタワー1F/アトリウムギャラリー3)
〒163-1001東京都新宿区西新宿3-7-1 

主催 T・I・B・A・Nジャパンクラシコ展「信楽」実行委員会

協力 リビングデザインセンターOZONE/滋賀県工業技術総合センター信楽窯業技術試験場/株式会社マルイチ

後援 滋賀県

事業名 信楽焼の魅力を伝えるTEIBAN展開催事業

問い合わせ
ジャパンクラシコ展「信楽」事務局
TEL:0748-82-0831 FAX:0748-82-3473
Mail: teiban.2013@gmail.com
URL: http://www.shigaraki.ne.jp/wp/
〒529-1811 滋賀県甲賀市信楽町江田985番地 (信楽陶器工業協同組合内)

参加企業(五十音順)
朝宮茶(かたぎ古香園、北田園、昇龍園)/卯山製陶/㈱松庄(shiroiro-ie)/(株)壷八 八山窯×TAKEHANAKE design studio/㈱デイリーライフ信楽/日産陶業㈱//丸滋製陶㈱/明山窯/㈲ヤマタツ陶業/山中陶土




今日も見てくれてありがとうございます。




カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
facebook
カテゴリー
プロフィール

しがらきや

Author:しがらきや
㈱デイリーライフ信楽の田中將之です。
滋賀県・信楽で陶器の仕事をしています。
高耐熱のお鍋を中心に製造・販売してます。>
facebookのファンページはこちら
おいしい信楽。

Twitter
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。