スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信楽透器。

Category : 未分類
信楽ではいろいろな新しい素材が開発されています。

その中のひとつが「信楽透器」。

信楽の窯業試験場が開発しました。

写真のものは中にLEDのろうそくを入れています。

結構透けてきれいです。


2011061801


2011061802

素材の肌合いが卵の殻のような、何かしら温かみを感じます。

明日は、この商品を持って新しい道具の提案をしてきます。




信楽透器について

焼き物なのに光を通すので、照明器具などに利用することのできる磁器。

原料は、透明な石英ガラスの粉末と粘土鉱物、窯の中で溶ける融剤鉱物で、

それらを混ぜて型を作り窯で焼く。光透過率が磁器に比べて2.5~3倍あるのが特徴であって、

厚みがあってもガラスと同じ様に光を通すことができる。

焼き物と同じようにろくろや手びねりなどで自由に造形することができ、

また、信楽の陶土と接合することもでき、釉薬で色付けすることもできる。

滋賀県甲賀市信楽町にある滋賀県信楽窯業技術試験場の専門員の川澄一司が、

ソーダ石英ガラスなどさまざまなガラスの粉末をまぜた練り土を使って試作を重ね、

4年がかりで厚さ約2センチに仕上げた。

現在、特許と商標を出願中。発光ダイオードを使ったインテリアライトなど、

新しい製品づくりが期待されている。

Comment

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
facebook
カテゴリー
プロフィール

しがらきや

Author:しがらきや
㈱デイリーライフ信楽の田中將之です。
滋賀県・信楽で陶器の仕事をしています。
高耐熱のお鍋を中心に製造・販売してます。>
facebookのファンページはこちら
おいしい信楽。

Twitter
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。